私が「温泉苦手」を克服した方法

アツアツ温泉克服法

寒い時期の温泉は、とても気持ちいいものですよね。どこか素敵なホテル・旅館の大浴場でゆっくりするのも素敵です。

今はほうぼうの温泉地に出かけていますが、実は温泉、若い頃は苦手でした。熱めのお湯にずっと入っていられなかったし、他の人と同じ椅子を使いたくない、なんてちょっと潔癖なところがあったからです。

それが一旦気持ちいいと思えるようになったら、なんて今まで無駄をしていたんだろうと、悔しくなりました。熱いお湯に入るのは、今でも長くは浸かっていられないのですが、少しだけコツを覚えました。

ちょっとお湯が熱めだなと思ったら、一旦肩まで浸かったら、その後半身浴になるようにお湯のなかで正座をしたり、邪魔にならなそうな縁の部分に座ったりして、足湯のようにします。窓が開いていれば、その近くにいるのも良いですね。頭が少し冷えていると、ちょっと長めに浸かれるのです。
もちろん、無理をしすぎてのぼせないように注意しましょう。湯船で倒れたら大変ですからね~。

 

猿ヶ京温泉旅館協同組合ホームページ

http://www.sarugakyo-ryokan.com/index.html

↑確か、大学の合宿で行った猿ヶ京温泉で苦手克服方法を思いついたんだっけ。ある意味、思い出の温泉です^^

 

温泉フリークな方からしたら、ちょっと邪道な入り方かもしれません。けれど、人に迷惑をかけないように、自分の楽しみ方で楽しむのが一番ではないでしょうか。
ホテル・旅館から帰る貸切バスの中で、思い出に浸る瞬間。楽しかったな、と思える旅にしたいですよね。

 

団体で猿ヶ京温泉へ宴会旅行

http://www.dantai-plan.com/feast_plan/minshuku/index.html

↑お酒の苦手も克服したので(笑)次は温泉&宴会旅行がいいな。冬の社員旅行で行かないかな~。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ


2013年8月10日 | コメントは受け付けていません。|

カテゴリー:温泉団体旅行

トラックバック&コメント

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ

イメージ画像